ご祭神


天棚機媛命(アメノタナバタヒメノミコト)

 

昔、太陽の神様である天照大御神は弟の須佐之男命の乱暴に怒り、天岩戸とよばれる洞窟に隠れてしまいました。ほかの神様は太陽の神様が隠れたことで暗闇になってしまったことに困り、天照大御神を外に出そうと様々な手に出ました。

 

 天棚機媛命は天照大御神を天岩戸から誘い出すために絹織物の神御衣(かんみそ)を織って奉り、天照大御神は天棚機媛命の織った神御衣を着て天岩戸から外に出ました。このことから、天棚機媛命は「機織りの神様」とされています。

 

 初生衣神社はこの天棚機媛命をご祭神としてお祀りしています。初生衣神社で祈れば、きっと「衣」に関わるお願い事をかなえてくれるかもしれません。

 

※写真は天棚機媛命